ベートーベンの誕生日をお祝いしよう

【1月31日】

 九州博報堂のQHubで開催された『ベートーベンの誕生日を”3万人のハッピーバースデー”でお祝いするプロジェクト』のキックオフイベントに参加しました。
 この壮大なイベントの発案者は、福岡ゆかりの指揮者・木村厚太郎さん。なぜ福岡でベートーベンの誕生日をお祝いするのか????その疑問、キックオフイベントで判明しました。
 実は福岡は日本においてベートーベンとゆかりがある土地のひとつだというのです。100年前の1924年、福岡市天神にあった福岡市記念館(現在の福岡中央警察署がある場所にあったそう)で、九州帝国大学の学生たちが組織した「フィルハーモニー会」が、ベートーベンの『交響曲第九番ニ短調「合唱付」の第四楽章を日本人の手で初めて演奏した!という歴史があるそうなのです。いや、まったく知りませんでした~~。
 そして2024年はベートーベンが『第九』を初演して200周年という節目の年でもあり、この機会にベートーベンの誕生日を3万人のハッピーバースデーでお祝いしよう!と、前代未聞のプロジェクトを木村さんが発案した、ということなのです。
 キックオフ!ということもあり、この日参加した41人が3万人に向けた最初の41人になり、動画が撮影されました。オネパシュの2人も最後列でひっそり参加させていただきました。
 合唱っていうと、高校生以来やったことがなかったのですが、参加してみるととっても楽しい!のです。声が合わさって音楽になっていく時間は、なんだか音のアロマを浴びているような時間。自分の身体が楽器になるような瞬間を一緒に体感させていただきました(クセになりそう!)。
 これからさまざまな場所で『ベートーベンの誕生日を”3万人のハッピーバースデー”でお祝いするプロジェクト』が開催されると思います。そのときはぜひ皆さんも参加してみてください。

【木村厚太郎さんのこと】

福岡県#田川出身 ベートーベン交響曲全曲演奏会主催■Youtubeチャンネル ⇨指揮者は楽し!木村カンタービレ ⇨チャンネル登録者2000名突破🙏 ■バイオリン

    前の記事

    パーソナルシェフという存在
    編集

    次の記事

    日本公庫「つなぐ」New!!